« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

田舎飯







たらふく。
相撲取りのように飯を食らってる。
こりゃ肥るわ。
実際5キロ体重が増えてる。
いい事だ。
今のうち今のうち。
さてと。
まだまだやりたい事ある。
どらどら行きまっか❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

昼呑みから







昨日の午後は田舎の駅ビルに
地元三種をツマミにビールで乾杯。
やりたかった事。昼呑み。
家でキッチンドランカーのように飲むのではなくキチンと呑みたかった。
利き酒セットで四種類の地元の日本酒を頂いた。うめぇ〜
チョイと小腹が空いたのでお蕎麦屋に所場を変えて。
鴨セイロとおビール。あったかいつけ汁と鴨肉。そしてザルを追加。うめぇ〜
やりたかった事。昼に蕎麦屋でビール。
夕方5時。また明るい。
知人の女将のお店へ。
こんな時間から開いてる。有難し。
色んな燻製と馬刺しを魚にウイスキーハイボール。
シャンパングラスに塩のついたオシャレハイボール。うめぇ〜
やりたかった事。知人の店で呑む。
女将さん、お付き合い頂きありがとうございました。

そして夜。
ジュークボックスを魚にバーボンロック。
俺にビートルズやビリージョエルを教えてくれたジュークボックス。
100円で二曲聴ける可愛いおじいちゃんみたいなジュークボックス。
かわいぃ〜
やりたかった事。ジュークボックスでバーボンをコロがす。
ふぅー…
少し長めに息が出せた。はい呼吸出しました。
15時〜21時の酒の旅でしたとさ。
飲み過ぎだべが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

観てきました


昨日18時半頃は東池袋へ。
一駅電車するのもあれなんで歩いてみた。
昨年共演(約束〜真説三億円事件)した女優(荒木香奈)さんの出演芝居を観るため。
「キミが読む物語」(ナイスコンプレックス)
ある青年が古本屋に来て本を探して読む。
本の内容は癌を煩いながら子供を産む母親の子供に対するメッセージ。
それを本にしたライター男性の自分の家庭と照らし合わせた苦悩。
母親と娘。息子と父親。
母の場面は病院。息子の場面は編集社。
それを取り巻く人々。
大きなステージ。紗幕で舞台を二分化してのモノ。
泣いてる人もチラホラ。
私は少年役の男の子の作文を聞いて(読むの上手いなぁ〜)って思ったりして。
シリアスな役柄を各々ちゃんとやってるお芝居でありゃした。
最後の主役の男。挨拶長いよ。同じ事何回も言わんでええで。
香奈さんお疲れ様でした。
月曜日まで頑張って。
さて…昼呑みの為に移動しょーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

チェンジ


この猫はどんな気持ちでこんなポーズなんだ?
今の俺がこの猫だったら一言。
(くぅ〜終わったぜ)だ。
守りの時間がながい野手と言ったところか?
二週間。ボール飛んで来なくても守ってるライトってところか?
かと思えば立て続けに色んな方向にボールが飛んで来てアパタパするベテラン内野手ってところか?
もはや野球には例えられないソレがイニングではあるが取り敢えず終わった。
チェンジ。
今から切り替えよう。
知人の芝居観に行こう。
呑みの誘いも来たが泣く泣く断った。
やりたい事溜まりすぎ。
ストレスも溜まりすぎ。
明日は日中から呑みがある。やりたい事少し出来る。
ちょっと足も伸ばしたくなった野良猫(俺)であった。
あれ?前足?猫の手?
忙し過ぎてもう分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

てんこ盛り


ある部分においてはありがたい。
有難いですよ。ハイ。
が…しかし…
出口見えないとなんだな、こりや。
ほどほどですまない事はある。
とことん突き詰めたくなる事も。
が…しかし、なんだなぁ。
ちょっといいすか。お腹いっぱいっぱいぽいんすよ。
仕切り直したらまた頑張りますから。
…とは言ってもまだありますけど。
昼にカツカレーを食べてゲップがカレー味な午後でしたとさ。
何食ってもカレー味だわ、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

親の顔が見たい


昨日は舞台(約束〜真説三億円事件)で共演した鳥越さやかさんの出演舞台
「親の顔が見たい」を観劇に川崎へ。
パトカーと警官と日本人だか外国人だかわからないイザコザを横目で見ながら劇場に。
舞台共演者も多く駆けつけていた。
内容は(イジメ)に関する事。
子供の目線じゃなく親、保護者がそれを直視しなくては行けない時の様々な様子を舞台にしたもの。
事件が起きてしまうと見て見ぬふりは出来ないなかでのそれぞれ。
被害者と加害者。
信じたい、でも信じられない。有耶無耶にしたい、それでいいのか?
現実を真実と受け止めたらどうなるの?
第三者なのにその事を深く受け止めるモノ。
前日今年初野宿をした俺も眠り込むのではなく、少しのめり込んで考えてさせてくれる舞台でした。
鳥越さんお疲れ様でした。
さてピアノマンテストでも聴きながら行きやすか。
見て見ぬふり出来ず振り向く猫であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

どうぞお幸せに


昨日の夜、突然連絡が入った。
もう17年。
自分の髪をカットしてくれた美容師さんから。
(3月25日でお店辞めます)
(茨城に嫁に行きます)
(技術者になりかけの頃からながーいお客様でした)
(本当にありがとうございました)
俺の髪型はほとんど九分九厘オールバック。
矢沢さんのファンだった姉貴の好みで。
矢沢さんがオールバック辞めても。
でも田村さん(美容師)はいつも矢沢にしてくれた(笑)
時には役によって「殺し屋っぽく」とか「真面目そうな」とかの要望も組んでくれてカットしてくれた。
だから今の髪型に落ち着いている。
めでたいのと、どうしようがごちゃ混ぜだ。
でもやっぱりここは…
お疲れ様でした。
こちらこそありがとうございました。
どうぞお幸せに。
手も足も出ない只見送る猫みたいな心境だが。
45日目安でカットしていたが3月25日までに二回カットする事を画策する午後でしたとさ。
本当におめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

古傷


しゃがむとピリッとする。
突っ張る感じ。
右膝が。
去年の芝居の打ち上げ後、コインパーキングでもんどり打った傷だ。
痛痒いが嫌な気が不思議としない傷だ。
傷ついてもこんな感じならいいな。
幾つになっても子供な膝小僧であった。
猫は別に関係ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

変わらない時



日々変化してる事にもいい事と悪い事もある。
方向の問題かな?
でもいい事には迷いや障害を感じない。だからストレートで行ける。
そんでそうでない事は距離を置く事で全体像がやっと理解出来る。
でもそれからどうするか?って課題やら宿題は残る。
でもそれに何かする事も言う事もない事もあるやろ。
何も考えずお休みの日のご褒美。
今日は暖かい日だったのに湯豆腐とはこれいかに。
でも美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

楽しいひと時





昨日は(約束 真説三億円事件)共演者のサエコさんと作、演出の江野さんとの食事会。
と言っても先日夜急に決まった飲み会。
待ち合わせ時間の調整も兼ねて「野良猫写真展」に行ってきた。
写真家は舞台のPR映像を撮って頂いた田中さん。
小さいフロア一面に猫。
かわいい。癒された。
今、猫ブームなのかな?
小一時間鑑賞した後は恵比寿に移動。
江野さんとの待ち合わせ場所のBARへ。
お洒落過ぎて写真を撮るの忘れた。
隠れ家的とは正にこの事と言わんばかりのカッコいいお店。
後ほど江野さんが到着。
少し遅れて共演者坂城くんも合流。
和気藹々の楽しいひと時。
勿体無いのは後半の記憶が無い事ぐらいかな?
リフレッシュしたかなと少し思えた昨晩でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

一生懸命

一生懸命。
いい言葉だ。
頑張るって事でしょ。
いい事だ。
でも何に?
誘ってくれた方を悪くは思わない。
思わないようにしよう。
2時間の芝居でキャストは四人。
描ける幅は限られる。長台詞を何分割するか?
ドラマがない。作り手(作家、演出)のマスターベーシユン?
俺の知り合いの役者がもがいてた。
客を納得させたり喜ばせるところとは別に。
腹がたった。痛ましくもあった。
勉強になんかならない。
こんな事をお客にさらしちゃいけない事だけはわかった。
なんじゃこりゃ?
演者として良い作品にだけ巡り会える訳はない。
でも観せるモノにしてから呼んでよ。
長台詞言ってだけ?
自分は一生懸命やりました…そんだけ?
なんか伝えてよ。納得させてよ。
訳わかんねぇ。
テェメだけのモンじゃねぇんだよ。
カネ取って時間潰すんだから。
スゲェ胸糞悪い。
楽日まで変わり様ないね。
間違った一生懸命しか。
ならそれで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

なんだかなぁ〜

今の子供のスポーツは沢山あるけど、昔は野球しかないっしょ。
中学でも高校でも野球部の奴は人気モンだったしモテた。
身近で野球上手いだけでさ。
それが同い年で高校日本一なんて言ったら。
僻みようがない位雲の上の奴だ。
(本当は優しくて気が小さい)
みんなそんなところ持ってる。
大きい小さい、分かりやすい分かりにくい違いはあるけれど。
俺の中でのスーパースターでは無かった気がする。
スーパースターに対して自分は共通点があっちゃいけないと思ってるから。
同い年。
だから少なからず興味はあった。

でも不思議と何やってんだとか残念だなぁなんて気持ちにはならなかった。
ただちょっと悲しい感じにはなったかな。
なんて感じた軟式テニス部員でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

消しゴム

13時頃新宿。
昼ごはんをハンバーグでと思ってお店に向かうと移転してた。
14時開演の朗読劇and歌謡ライブを観劇に。
昨年の舞台(約束 真説三億円事件)の共演者熊澤さんの出演芝居。
「消しゴム」を観劇。
有名な内容らしいが俺は予備知識が全くなかった。
フラットに芝居を観てた。
朗読劇の難しいところとか役者の動きとか。
サイドメニューをチェックするように。
お話は若いカップルの話。
やがて女性がアルツハイマーになり徐々に進行して行く二人の生活を演じたモノ。
1時間のお芝居。
徐々に進行と同時に楽しかった2人の生活が少しずつ変わって行く様を2人の日記をお互いが読むカタチで演じていた芝居。
記憶が少しずつ消しゴムで消すように無くなって行く。
大切な事もそうで無い事も区別なくまだらに亡くなって行く内容。
俺は号泣はしない。
後ろの席に小学生が居たから。
でも終演後には右目から二筋、左目から一筋涙がつたってた。
右、左、また右の順に。
浄化された。カタルシスだ。
三日連続の観賞シリーズを気持ちよく終えて熊ちゃんを含めた役者仲間で宴。
普通に楽しかった。
どれ!戻りますか。
そんな月曜日の朝であります。
皆さんも良い一週間を二月をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »