« 偲んで…出会って。 | トップページ | 袋小路 »

2014年12月15日 (月)

日本劇作家協会新人戯曲賞

昨晩ザ•高円寺で行われた模様。
最終ノミネート5作品に八鍬建之介さんの「龍とオイル」があったとの事。
5、6人の審査員が評論して大賞を決めていくコンテストらしい。
こんな言い方しか出来ないのは、その時間にそこにいなかったためだ。
高円寺に到着したのは21時。
丁度終了時間。
打ち上げ、忘年の顔あわせが用意されていたので、会場の中華屋に直接向かった。
懐かしい顔、初めての顔が入り乱れた宴が始まった。
少し遅れて主宰の深沢さやかさんが来た。
コンテストの結果は大賞は逃したようだが、一定の評価を受け手応えを感じていたみたい。
よかったね。
頑張れるタネが増えたね。
そんな仲間との時間はあっと言う間に過ぎる。入れ替わり立ち代りの総勢15〜16名の忘年会。
芝居事の関係者とはすぐ仲良くなれる。
経験談を聞くのも勉強になるし刺激にもなる。
昔話も弾む。以外な接点にも嬉しく驚ける。
不思議さと楽しくさが同居する時間だった。
そして気が付くと…始発の総武線に。
ボーとした頭で「…やっちまったか…」と少し反省した呑み続け8日目の早朝でしたとさ。
また会いましょう。

|

« 偲んで…出会って。 | トップページ | 袋小路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39059/58273372

この記事へのトラックバック一覧です: 日本劇作家協会新人戯曲賞:

« 偲んで…出会って。 | トップページ | 袋小路 »