« 昼呑み | トップページ | 頑張ってください。よろしくどぉーぞ。 »

2014年12月10日 (水)

翻訳

一昨日賀川監督と許されるギリまで呑んで喋ってた。
そのなかの一つに8〜9月に上映されたアイドル7×7監督「傷女子」
賀川貴之監督作品「さよならは八月のバイバイ」にもちろん及んだ。
当たり前だ。
賀川監督とガチに取り組んだと実感出来る短編映画。
苦労話、嬉し話、感動話…満足度は高いなか色んな話をしてた。
その一つで翻訳されてニューヨークに行くという話を聞いた。
翻訳を頼んだ方はリンさん。オイラは面識がない。外国人の女性のようだ。
賀川さん曰くワンシーンで台詞が三つぐらいあった場面で、字幕が一文字だった画像があったみたい。
監督がリンさんに問うとリンさんは「三つの言葉の気持ちを一つに集約する事が」的なリアクションがあった事を監督から聞いた。真剣に理解してくれた。そうオイラなりに思った。監督も理解したと言ってた。
だから凄く興味が湧いた。
そんでもってその人を知りたくて、コンタクトを取ってみた。
キチンとお礼の言葉を伝えると、キチンとお礼の言葉を違う角度で貰えた。
しかも日本語で。翻訳出来るから当たり前なんだけど、凄く嬉しかったしびっくりもした。
リンさんはシンガーソングライター…らしい。
明日と明後日は舞台の音響さんをやるらしい
お会いする事はないかもしれませんが、今回ご協力頂きありがとうございました。
会わないけど繋がりを感じられ、会わないけどまた繋がりたいと思えた。
だからやりたい事をやりたい。
そんな風に思えた、前日の飲み会を終えて自宅呑みの一時でしたとさ。

|

« 昼呑み | トップページ | 頑張ってください。よろしくどぉーぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39059/58224318

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳:

« 昼呑み | トップページ | 頑張ってください。よろしくどぉーぞ。 »