« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

剪定

盆栽の枝切り。
伸ばしっぱなしにはしない。
自分の好みや理想のカタチがあるから。
ストレス無く伸びっぱなしな枝もある。その枝はそうしたいのだろうか。それはこっち(オイラ)が判断させてもらうわ。
そう感じるのはオイラだけなのか?と考えてもいた。迷いはあるよ。
いや、でも違うと思って斬った。
鋭いハサミで斬った。色んな思いも関係も。
そんな事にしたオイラも悪いのか?でも斬った。
知り合いのマスターにその話をしながら呑んだ。
いつものバーボンは無かったので違う銘柄を呑んだ。
こすっからい味がした。
今年から来年にかけて野暮用をこなす。
だから今年と来年の区別や、踏ん切りが尽きずらい。
だから駄目だった事もイヤだった事も引きずる。
厄介ではあるのだが。
だったら嬉しく思えた事も、信用出来た事も有ったはずだ。うん、あったよ。
そっちを引きずりたい。
その方が剪定された枝にも、残った盆栽にもプラスになると思うから。
プラスになればいいなぁ〜。
仕事納めのない輩が終電車で思った年の瀬の夜でしたとさ。
あら?もう31日だわ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

ホント最後

大好きなお店うなぎ串焼き屋さん
「くりから」にお邪魔した。
しかも二日連チャンで(なんでやねん)
昨日は七年ぶりに会う知人と。
まぁ馬鹿明るい方。
第一声で「ボリィ〜!」
そんな呼び方なんかする奴まずいない。ブランクはその瞬間吹っ飛んだ。
店の大将鈴木さんとも知り合いのオイラの知人。
話は合う事ばかりで楽しく弾む。
でも、辛い嫌な話でもキチンと聞けたしキチンと言えた。
保身じゃなく「これおかしくねぇ」的な話も。
少し楽になった。楽になってもくれたかな?
今日は新年の飾り的なオシャレなお花をもらった。
毎年の事ではあるのだが。
そんなモノアパートに持ち帰っても、返って虚しくなるので贈呈しに行った。
喜んでくれた。みんなが。
昨日帰る際にオイラが「明日も来ちゃうかも?」と言い残して帰ったらしい。
全く覚えてはいないのだが…
でも(いらっしゃい!)と言った四人のスタッフの笑い顔で
(あ、俺、多分、明日も来るって言ったかも)と自覚出来た。
酔っ払っても約束は守る男でよかった(笑)
真面目に話したのに約束を守らない奴は許さん。
映画にもご協力頂き今年一年ホントにありがとうございました。
明日行ってもやってないから明日は行きません。
ホントに今年最後のくりから。
ノリヨシさん、ヒトミさん、ヤマちゃんそしてシュー。
ありがとう。
来年もよろしくのぉー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

もういいかな。

慌ただしい。朝から晩まで。

電車に乗ると帰省なのか旅行なのか、そんな方々と多く出くわすようになったのに。
(何やってんだ、俺)なんて毎年思う。
一通りやることはこなす。当たり前に。オモシロくは決して無い事を。
そんな今晩、同んなじ事してる仲間とたまたま会ったので呑みにいった。
場所はとき◯食堂。
朝7時〜13時30分。後に夕方〜21時30分のお店。
メニューが多い。ホッピーがある。飲兵衛には最適な下町の呑み屋。
三人の男で色んな話をした。その中で…
一人先輩で女性だけの派遣会社の責任者がいた。
いつも和かで優しい人だ。
酒もすすみ言いたい事が言えるようになったころ兄貴が言った。
「俺もね、自分がいやだなぁ〜と思ったところに無理に行くのはね…」と。
満遍なく全てにおいてこなせてる方だと勝手に思っていた。でもそうじゃなかった。
女性派遣社員のフィルターになっていると思ってた。
「自分もね、この年になってね…」と色々話してくれた。
無理をしていい顔するのが馬鹿馬鹿しくなる事ってあるとか。
それをして相手にも悪いとも思うとか。
ユーティリティは出来ないとか。
自分が正しいと思う事を理解してくれる人もいる。
そんな話をしてた。
我儘ー自信ー優しさー安心ー不安…
逃げるんじゃない。わずらしい事を排除してみる?
自分を強く持つ事か。

色々あるんだなぁ。
色んな人が考えてんだなぁ。
だから少し解った気がした。
でも考える事の出来ないモノに考える必要はないのかなと。
わからない奴はそのままに。ご勝手にどぉーぞ。
だから自分の考えをぶれないモノにしたい。そう思った。
そこに色んな考えは返って邪魔になる。
片寄ったと思わない。
やるべき事を粛粛とこなしたい。
色んな事に関して思ったイチ年末の呑み会でしたとさ。
お二方とも頑張って。
来年もよろしくどぉーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

いっきに

ケロっと年末モード突入。
銀行に行ってもすんなり振込が出来ない。
混雑してる。月末プラス年末ってことだろう。
時計のベルトがちぎれそうだったのでメガネ屋さんにいった。
「老眼眼鏡博物館」
5000〜8000円の時計が並んでる。
店員がベルトのサイズを計り持って来たベルトは6300円。
(おい…大概にせいよ)
心の言葉が顔に出たんだろう。すると…
「でも、3700円になるよ」と店員。お負けしてもらった感は全くもって感じられない。
「ベルトはイタリア製だよ」と店員。いいよ、日本製だって。
年の瀬は何かとお金がかかる。ぶっちゃけ。
年始のスケジュールも出て来て、今年から来年へ区切りも無く過ぎて行きそう。
やり残しは少なくしたい。
時には断捨離って。今年のうちにカイシュウするものはしよう。
取りこぼしなんてしない。
タイムリミットまでもう幾つ寝るとだから。
さ!働こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

怒ったサンタ

40年ぐらい前。雪がシンシンと降るクリスマスだった。
一人の少年はサンタクロースに対して半信半疑な年頃になっていた。
(今日確かめてやるぞ)
純粋な気持ちでそう決めていた。
お父さんとお母さんにおやすみなさいをしてベッドへ。
枕元には少し大きめの靴下。準備万端だ。
でもその日は何故か勝手が違った。
お父さんが頻繁に寝てるかを確認にくる。
(おぉ〜もぉ寝だがぁ〜)
(うん、もうすぐ)
(寒いがら早く寝ろよぉ〜)
(はぁーい)
そんな押し問答が結構続いたと思う。
すると突然お父さんが(早く寝ろって言ってんだよおー!)とキレて少年を外に放り投げた。
お父さんのモットーは早寝早起き。
少年は雪が舞う夜空に浮かびながら解った事があった。
(あぁ〜やっぱサンタってねぇ〜…)っと理解した頃にボサッ。
2メートル下の雪の降り積もった地面に落ちた時…少年は少し大人になってた。
雪まみれで家に入り部屋に戻る少年。
枕元にはプレゼントが有った。
全ての方々に満遍ないサンタクロースはいない。サンタクロースは沢山いる。
プレゼントを改まってしようとすると誤作動が起きる。
オイラの実家のサンタクロースは早寝早起きだったって事?(笑)
そんな事を思い出した中年男のクリスマスイブでしたとさ。
メリーXmas!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

くりからで呑む

常連客と言っても過言ではないであろう。
鰻串焼き屋「くりから」
昨日はお世話になっている賀川監督が、同じくお世話になった夢企画代表の角川さん(通称角ママ)にお会いするとの事でサプライズ的にお邪魔した。
待ち合わせ時間15分前に店に行き、虎視眈々と二人が来るのを待つ。
すると「横さぁ〜ん!」と若い女の子の声が。
映画さよならは八月のバイバイで共演した舞華さんが来た。
あれ?どしたの?と聞くと角ママに呼ばれたらしい。
しばらくして賀川監督。
少し遅れて角ママ。
これで打ち止めと思いきや監督、カメラマンの荒木さん。
アイドル7×7監督の総責任者の世志男さんも来店。
ちょっとした打ち上げ会場になった。
しゃっちょこばった話は出来ない。だからと言ってくだらない馬鹿話ではない。
映画という一つの事に真剣に話が出来る心地よいモノがそこにはあった。
勿論ライバルでもある仲間。
その辺の緊張感と安らぎは格別だった気がする。
同じフィールドで戦う事。
またやりたいっすね。
早速来年のすべき事も頂けた。ありがたし。
飲み過ぎて記憶はマダラだが、悪くない飲み会だったとおぼろげに思う昨晩でしたとさ。
まだ今年のお礼も来年にむけてのご挨拶もしていない。
では、また会いましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

そろそろ

泥棒に入る訳じゃない。
今年もう確実に会わない人や、事がそろそろ出てくる時期。
美容室に行った。担当は田村さん。
もう10数年やってもらってる。
今年は(殺し屋のエージェント風に)とリクエストした。
どんな髪型だ、ぐらいの注文(笑)
でも田村さんは色んなアイディアを出してやってくれた。
同調してくれた。
出来上がった作品(さよならは八月のバイバイ)も観てくれた。
台詞無く立っているシーンがあった。殺し屋のエージェントだった。
ご協力とご支援ありがとうございました。
ここでそろそろ。
来年もよろしくお願いします。
後10日のうちに何回、何人に言うのかなぁ?
感謝の気持ちの割合を多くして終わりたい。
そんな風に思った雨上がりの清々しい朝でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

ライブ日和

本日知人のライブが三つあった。
新宿で一つ、高円寺で一つ、代官山で一つ。
日中の野暮用は浅草。
一番遠い代官山に向かった。
野暮用の代表には「もう大丈夫っすよね」と煽って切り上げ向かった。
最近いろんなライブ見る機会が増えた。
夜の代官山に着。
白い洋風の建物が並ぶ街並み。青いクリスマス的な光のイルミネーションが綺麗。
黒ずくめのオイラは異邦人だ。
今年もいろんな芝居も観た。映画も観る機会が多かったなぁ〜。
エンターテイメント事。
お客さんを呼んで観せたり聴かせたりする事も含まれてる。
3年連続なるのかなぁ?
エンタメ事でお客として参加する、年末最後のオイラ的行事。
身体がスイングする。優しく包まれる。
時には胸ぐらを掴まれ引き寄せられる。そんな音(声)。
(あぁぁぁー)という一つの音が途切れる前に数回色を変える。
最近は一体化を促す。
それにも笑って従える。
そんな風に思えた二時間ぐらい。あぁぁぁーよかった。
野暮用が忙しくなり(オイラなんなの?)って思ったりもする輩に、楽しさと刺激をありがとう。
ますますのご精進を。
スーバームーンな、そしてひまわりみたいな夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

一喜一憂

落語家の講座をだいぶ前に見に行った。
行きつけの店にその落語家からオイラ宛の手紙があったから。
(是非、見に来ておくれやす)的な。
だから見に行きましたよ。
お客さんには知人の芝居関係者もチラホラ。
そつなく挨拶を交わし落語へ。
前座は二つ目の方。流石に上手とは言えない。
客の空気を感じて表現の雰囲気をいじれない。
後のお二人は流石真打。お題目に現在の出来事を掴みに入れての演目。
余裕なりパワーなりを感じました。
公演後知人役者で呑みに。
さっき見た落語と離れて芝居の話をワイワイガヤガヤ。
そこに公演を終えた知人落語家が偶然訪れました。
お客さんの一人一人にお礼周りしながらオイラのところに。すると
「横さん、笑ってなかったやん」って。
落語はお客さんの顔色を役者よりも敏感に直接受ける事が出来る。
まさに「一喜一憂」だ。
知人の落語家さん、ゴメンな。
その世界のプロを凝視したかっただけなのよ。
真剣に見てたんだ、本当に。
でもお客さんの反応で、科学反応起こすのが落語的気持ちなんだね。少し解ったよ。
だから役者と落語家も別だね。
計算してとかコロコロ変える事は稽古の段階で終わって、固めて作り(創り)表すのが役者だから。
でも本当に面白かったんだよ。笑わなくてスマン。
明日は別の世界での真剣な姿と、その世界でのその人のホントを観に行こう。
同喜出来ればいいなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

袋小路

年末のお寒いなか、また師走のお忙しいなか皆さんいかがお過ごしですか?
そんななか日暮里から電車に乗りましたところ…山手線が停まりました。
新宿駅でひとが立ち入った為との事。
22時近く。帰路を模索しました。
オイラの選択は、向かい側の京浜東北線に乗り換え赤羽から池袋。
迅速な判断で素早く乗り換えました。これでトラブルは回避。
「ナイスな奴」
途中駅に王子駅があり「都電で池袋もありかな?」と一瞬思いましたがそこはスルー。
「とてもナイスな選択だわ」
自画自賛をこのトラブルで二回もしました。
順調に東十条を通過して次は折り返し地点の赤羽。
と思ったその時、立っている乗客が大きくヨロけるぐらい電車が急停止。
「緊急停止を受信しました。只今確認中です。くれぐれも電車の外にはお出にならないようお願い申し上げます」
このフレーズを「同じ内容にはなりますが」を加えながらもう15分前から聞いてる。ピンポンパンポンのアナウンスの前の音にも段々苛立ちを覚えるようになってきた。
今、またアナウンスが流れました。
「恐れ入りますが、再度…」
冒頭の文言に敬語が着いただけたべぇー!(怒)
アナウンスの声は落ち着いたもの。
てもよぉ〜何回も聞いているとその落ち着きすらムカつくわ!
台詞嚙むぐらいの人間らしさ出しやがれってんだよぉー(超怒)
走れよ、師走なんだから(とほほ)
「果たして山手線は今頃…」
考えたくないが後悔と不安が頭を廻る、停まった電車の中でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

日本劇作家協会新人戯曲賞

昨晩ザ•高円寺で行われた模様。
最終ノミネート5作品に八鍬建之介さんの「龍とオイル」があったとの事。
5、6人の審査員が評論して大賞を決めていくコンテストらしい。
こんな言い方しか出来ないのは、その時間にそこにいなかったためだ。
高円寺に到着したのは21時。
丁度終了時間。
打ち上げ、忘年の顔あわせが用意されていたので、会場の中華屋に直接向かった。
懐かしい顔、初めての顔が入り乱れた宴が始まった。
少し遅れて主宰の深沢さやかさんが来た。
コンテストの結果は大賞は逃したようだが、一定の評価を受け手応えを感じていたみたい。
よかったね。
頑張れるタネが増えたね。
そんな仲間との時間はあっと言う間に過ぎる。入れ替わり立ち代りの総勢15〜16名の忘年会。
芝居事の関係者とはすぐ仲良くなれる。
経験談を聞くのも勉強になるし刺激にもなる。
昔話も弾む。以外な接点にも嬉しく驚ける。
不思議さと楽しくさが同居する時間だった。
そして気が付くと…始発の総武線に。
ボーとした頭で「…やっちまったか…」と少し反省した呑み続け8日目の早朝でしたとさ。
また会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

偲んで…出会って。

昨日、日中ボーとしてた。師走の忙しいなか割と大切なボーなのかな?
夕方、対象者一人に対しての二回目の偲ぶ会に参加した。
オイラは前回に続き参加した。
前回偲べなかった方が多数来た。総勢で4〜50名。
よかったね、や○さん。
オイラ的には踏ん切り着けたいんだけど…まぁいいか。
その後上野の飲食店街を少し徘徊した。
上野での偲ぶ会にあやかり訪ねたい店があったから。知人に聞いた福島にゆかりのある店。昔々の知人らしき人?みたいな(笑)
しかし…店主に会ったのだが…全く思い出せなかった。
同郷でお互いの知り合いの話では合致してるのに。
話は弾んだが…少しよそよそしい感じだった。自分なりに。
亡くなってからその人を思ったりする。
せっかく出会ったのにピンと来ない。
どっちにしても残念だ。残念。
そんな気持ちと体験を同時にした師走の週末でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

頑張ってください。よろしくどぉーぞ。

今週二回目。
うなぎ串焼き「くりから」へ。
前回は一人呑み。
今回は二人呑み。
自分が一人でも行けてうなぎだから他人を誘いたくなる店「くりから」
無類のうなぎ好きがいた。
もちろん煽っていた。行きたいっすか?どぉすか?的に。
でも…オイラが思うよりうなぎが本当に好きだったみたいだ。やばっ!
これ以上煽ると血をみる事になりそうなので連れて行った。
ガチでシンクロはしていないが、関連行事でリンクしていてしょっちゅう一緒だった方。
年末に向けて今から忙しいらしい。
一品を口にするごと(うまっす…)と言う。
連れて来たこっちも嬉しい。
その方が言うには一時間半の宴だったようだが、約束を実行出来たオイラは満足な時間だった。
ガチでリンク出来れば頑張りますよ、オイラは。
今年はもうお会い出来ないと思いますが、来年よろしくお願いします。
これも忘年会かな?と思えた大好きな店での宴でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

翻訳

一昨日賀川監督と許されるギリまで呑んで喋ってた。
そのなかの一つに8〜9月に上映されたアイドル7×7監督「傷女子」
賀川貴之監督作品「さよならは八月のバイバイ」にもちろん及んだ。
当たり前だ。
賀川監督とガチに取り組んだと実感出来る短編映画。
苦労話、嬉し話、感動話…満足度は高いなか色んな話をしてた。
その一つで翻訳されてニューヨークに行くという話を聞いた。
翻訳を頼んだ方はリンさん。オイラは面識がない。外国人の女性のようだ。
賀川さん曰くワンシーンで台詞が三つぐらいあった場面で、字幕が一文字だった画像があったみたい。
監督がリンさんに問うとリンさんは「三つの言葉の気持ちを一つに集約する事が」的なリアクションがあった事を監督から聞いた。真剣に理解してくれた。そうオイラなりに思った。監督も理解したと言ってた。
だから凄く興味が湧いた。
そんでもってその人を知りたくて、コンタクトを取ってみた。
キチンとお礼の言葉を伝えると、キチンとお礼の言葉を違う角度で貰えた。
しかも日本語で。翻訳出来るから当たり前なんだけど、凄く嬉しかったしびっくりもした。
リンさんはシンガーソングライター…らしい。
明日と明後日は舞台の音響さんをやるらしい
お会いする事はないかもしれませんが、今回ご協力頂きありがとうございました。
会わないけど繋がりを感じられ、会わないけどまた繋がりたいと思えた。
だからやりたい事をやりたい。
そんな風に思えた、前日の飲み会を終えて自宅呑みの一時でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

昼呑み

先日連絡をしていた。
中野新人監督映画祭以来お会いしていない賀川監督に。
年末はイベント事が多く、20日まで休みがないとの事。
その監督から午前中連絡が来た。
「昼間なら飲めますが?」的な。
嫌いではない。
野暮用を幾つか済ませ新宿に向う。
時間は14時。
地下のビアホールに。
地下だけに昼も夜も関係ない。完璧に夜だ。
映画祭、上映会での作品の話に花が咲いた。
賀川監督関連作品が6作品、オイラ関連が5作品。
別個のモノもあるが監督とオイラの合致する部分も多かった。
感謝出来る事も多々。
真剣で楽しく嬉しい。
店を出たのは20時。うん、しょうがない。
明日の事を考え「今日はこのくらいにしといてやる」と意気がった月曜日でしたとさ。
さ!明日から働こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

一人呑み

17時にウナギ串焼きの店『くりから』に行った。
一人で。
行った理由を少しづつクリアしながら考えてた。
(あ!俺って一人呑みだった)って。
仕事終わって愛車(ルノー)は神社の駐車場に停める。
4号線を越してBARで呑むお洒落な青年だった(笑)
でもBARをハシゴして車で帰るから駄目な青年でもあった。
一人で呑みに行ける店に感謝。
もう店の人にも気が使えるオヤジになりました。
一人呑み。
再開してみたくなった休日でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

鋼鉄はいかに輝くかvol.2

「鋼鉄はいかに輝くか」
輝く色の度合いはわからないが、一夜明け出演者四人でたまたま呑む機会があった。
全く計画なし。流れでそうなった。
面白い。
そんな機会に出会すことが。
御三方は先輩。
御三方とも色がある。独特の。
芝居に関する感じ方もそれぞれ。
そんなかで一番悪の強い一人の先輩は、完成版を観ておらず色んな質問をしてきた。
気にはなって居るのだろう。自分の芝居も。
作品全体も含め映画中心の話は多いに盛り上がる。
先輩なので多少遠慮はする。オイラは。
でも酒が進んでくるとそいつらは、そこにも噛み付いてもくる(苦笑)
「お前のその自分を崩さないとこが駄目だ」とか
「下町のおばちゃんに絡まれる八百屋のオヤジ役をやらせたい」とか
「ヤクザの鉄砲玉みたいな雰囲気はまだ出来る」とか
etcetc…好き勝手だ。
めんどくせぇ〜とか、勝手言いやがってとか思った。
思ったけど不思議と嫌悪感はなかった。珍しく。
それはなんで?一緒に携わった信頼感があるからなのかなぁ〜?
自分がしたい芝居もある。だから相手に求めたくなる事も。同じぐらい。
相手の求める役になりたいとも思う。
他人が想像出来ない芝居がしたいとも思う。
贅沢だなぁ。でもやりてぇなぁ〜
話の中盤にデリカシーがないと三人の先輩に言われた。
あのさ…デリカシーがなかったらあんたら三人の話を笑って聞けるかよって話だよ(笑)
我慢しすぎて爆発するぐらいなら小出ししてやるわ!
あんたらが促したりするんならね。
少し殻をやぶってお付き合い願いますか。
なんて思えた上映会翌日の、たまたま出くわした役者四人呑みでしたとさ。
楽しかったっすよ、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

鋼鉄はいかに輝くか

今日輝いた。
「鋼鉄はいかに輝くか」
稲垣誠監督作品。主演は軍司さん。
去年撮影した作品。長編。
携わったスタッフ、出演者、関係者だけの上映会。
阿佐ヶ谷のキチンとした劇場で上映されました。
サディスティックなシリアスなスパイシーな作品に仕上がってました。
小細工的なお笑い、和み箇所なんてない。強いて言えば猫の芝居だけかな?
喉が乾き、首が懲る映画。媚びてない。
18禁?だと思う。
上映後打ち上げがあった。
その顔ぶれと表情からこの作品が悪くない事が読み取れた。
悪くない。
自分のシーンも長編のなかで色々散りばめられ、インパクトも与えてもらった。
自分の芝居には納得なんか出来ない。
共演者にもそんな気持ちの人ばかり。
でも社交辞令じゃなく相手も認められた。
オイラにも与えてもらえた。
悪くない。骨太な映画。
英語字幕が付いていたこの作品。
時間がかかった分色んな方々に観て頂きたい。
外国の方にも。
自分の反省は別としていいモノ出来たねと仲間に素直に言える。
「鋼鉄はいかに輝くか」関係者上映会でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

自分の…

祭。
はっぴ着た人間は言うこと聞かない。
あんたらはあんたらでいいんだよね。ハイハイ。
オイラはその世界解んないけどさ、ウンウン。
嫌な事でもこなさくちゃ。好きな事する為に。
あぁ〜ぁあ…
何か真摯な事が観て聴きたかった。
うん。
明日にリセット出来た。
音がよかった。
ポカッとして。後頭部の髪の毛を優しく妻んでもらった感じ。
曲げないけど自分もしたい。
矛盾みたいな事だからなんだかなぁ〜みたいに思う事も多い。
でもね、なんだかなぁ〜(笑)
たいしたことしてると思って他人に迷惑や負担をかける奴もいるんだわ。
自分が苦しんで他人に迷惑かけない。あたりまぇー!
自分事がオンリーか。
つまんねぇなぁ〜
いい音はオイラにとって散和剤になった。
そんな気がした師走の始めでしたとさ。なんだかなぁ〜?
鬼になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

ボウ

昨晩ある忘年会に出席した。
派手な忘年会。
呑んだ酒はシャンパン、ビール、赤ワイン、日本酒に焼酎。
食った物は煮込み、おでん、ステーキ、寿司にフグ。
今月に入っての団体飲みは全て忘年会になるだろう。
忘年、忘…心を亡くすこと?
忘れていい事?悪いこと?
忘れてしまいたいのに忘れられない事。
忘れて行けないのに忘れてしまう事。
全て忘れる事は出来ないだろうけど、なるべく整理して行こうかな。
忘れる為に。
昨日どうやって帰って来たかを忘れた忘年会でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »