« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

スマホのない生活

昨日は中学の同級生とその部下。
そして呑み仲間の声優、肥後さんと呑んだ。
まぁ忘年会ですわ。
身体は疲労のピーク。しかし気の合う仲間との酒はうましでありました。
でも…そんな時に…落とし穴が…
スマホを紛失してしまいました(涙)
何でしょう。ベルトをしないでスラックスを履いているといいますか、箸でカレーを食ってるといいますか、妙に嫌な気持ちになって一日を過ごしました。
しらみつぶしのローラー作戦を開始しました。
落し物問い合わせセンター。
四社に電話して三社駄目。
残り一社は直に行ってみました。
機種、色、カバーのあるなしなどを伝える。
駄目だった三社が似ていたのは無いと解ると声色が優しくなる事。
「あぁ〜あ、可哀想だ」とでも思ってんだろうな、奴らは。
でも、残り一社はちと違った。「表紙はどんな感じですか?」だって!
(キタァー!)待ってました、その対応。
ちょっと離れた駅に取りに行きました。
このヤロー、心配かけやがって。
明日、別の機種に買い替えようと思ったオイラを許してね(ペコリ)
忘年会。
忘れるのはいいけど、忘れ物はしないようにしょーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

思考

めっちゃ忙しい。
合間にしなくちゃ行けない事や、したい事してる感じ。
逆ならいいのになぁ〜。
そんな時にボタンのかけ違いや、ほころびが出たりする。
それを修復するか、放っておくかの判断はなかなか厄介ではある。
善は急げか、喉元過ぎれば熱さを忘れるか…ん〜?
ニュアンス的にちと違うか?難しいなぁ〜。
一番いいのは、無意識に近いような相手へのアクションが思いの他いい意味で相手に伝わる事。
一番わるいのは、意識して相手にした事がわるい方にばかり転がってしまう事。
思考回路の線が、どの差し込みに繋がるかで全く変わってくる。
ベラベラと多弁な人が、いろんな知識を認識して話しているとは限らない。
無口でボーとしている人が、無知で何も考えてない人とは限らない。
もちろんその逆もあったりして。
考えると眉間のシワと傷が深くなっていく。
よし!やめよう(笑)とりあえず。意識してやってもしょうがねぇし。
頭カラッポでこの忙しさ乗り切ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

ほんの癒やし

月曜日だ…朝だ…通勤だ…ラッシュだ。
現代社会のプチ戦争であります。
みんな寝起きでイライラしたり、ボォーとしてるわけですわ。
オイラもイライラしてる奴にイライラしたり、ボオーとしてぶつかる奴にイライラもするわけっす。
オイラがボオーっとすればいいのか?いやいやいやいや…
そんな時車内アナウンスで、語尾のかわいい男性の声を聞く。
「発車いたしまぁす。」
ポイントはちっちゃい「ぁ」を入れるところ。
んん〜ん。癒される。
なんでもいいからくっちゃべっていてほしいくらいだ。
時々出くわすこの声。
あ!今しゃべってる!あぁー癒されました。
今日も元気に頑張りますかぁー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

うなぎ串焼 くりから

先日友人を連れて中野に行った。
意気揚々と。
「ちょっとうなぎでもつまみますかぁ〜」なんて言っちゃったりして。
うなぎ串焼カワジロウ。知る人ぞ知る有名店。
店長は鈴木さん。オイラが初めて所属した劇団の主宰。
奥さんはひとみさん。その劇団の制作をされていた方。
鼻高々に路地を曲がっていざ…と思ってた…ら?あれぇ〜?!
看板もねぇし、シャッター閉まってるぅ。マジにパニクッて思わず向かいの店に飛び込んじゃいました。
注文する前にその店の人に(カワジロウどうしたんすか?)と聞く失礼な客と化していました。
するとその店の女将が、名刺を持って来てくれた。
そこには うなぎ串焼 くりから とありました。
次の日電話すると独立なさったとのこと。
安心しました。
明日25日オープンだそうです。
本来でしたら住所を記載して、皆さんにお知らせするところですが…混雑して自分が入れないとシャクなのでお知らせはあえていたしやせん。悪しからず。
生意気言ったわりに連れて行けなかった友と行きたいと思います。
鈴木さん、ひとみさん。おめでとうございます。
益々のご繁栄をお祈りしております。
あ!ごぼう巻き食べたくなってきた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

プロペラとスカーフ

アトリエ•センターフォワード第九回公演
「プロペラとスカーフ」
シアター風姿花伝に見に行って来ました。
飛行機を造る研究所で繰り広げられる物語。
時代は戦争前。明治を少し過ぎた頃かな?
宮地大介さんが出演しておりました。
今日の午前中に連絡し、19時にお邪魔してきました。
そしてギャグ、小ネタを封印した役者•宮地大介を観れました。
佇まいがたまらなく好きな役者です。
風邪をこじらせ苦戦中との事。
芝居の話しはまた後日の楽しみにします。
ご自愛ください。
公演は明日と明後日、いずれも14時公演のみだそうです。
お時間、ご都合がよろしい方はどぉ~ぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会シーズン到来。
オイラはスペシャルなサシ呑みからスタートしてみました。
忘年会には良いイメージはありません。
結構社交辞令的だったり、それなりに気をつかっちゃうから疲れんのよ。
でも昨日は全然違った。
興味津々といいますか、あれはどうなの?あ〜そうなんだの繰り返しで無茶無茶楽しい!
場所を変えてもワクワクは止まらない。
楽しく優しく、時にはお互い厳しく、強くそして弱い…
あぁ〜何言ってんだろ?そんな宴でした(どんなだよ)
その人とお会いするといつも、一つや二つ頂きものをするのですが昨日もライターを頂いちゃいました。
ありがとうございます。
死ぬまでタバコ吸ってやる所存です。
来月、来シーズンに向けてお忙しくなるとは思いますが、ガンガン行っちゃてください。
悔しいけどオイラをあおってください。
また結果報告してください。
素敵な忘年会シーズン到来を予感させる男呑みでありましたとさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

翻訳

今回海外の映画祭に出展するにあたり、かなりギリギリだったと賀川監督から聞く。
その原因が翻訳だったとの事。
それと同時に翻訳が果たす役割が、凄く大きいというのも教えてもらう。
翻訳が上手じゃない作品は、認められないようだ。
今回賀川さんが翻訳をお願いしたのは、ドイツ人の方。
その方は日本在住の時は、某お笑いの事務所に籍を置いていたみたいで、現在は母国で日本のことを教える大学教授になっているとの事。
今回の出展作品は一人の女性が三人の男性と付き合い、三者三様のエピソードがあり、最後は何故か男性三人が仲良くなり、一人の女性とお付き合いが続くといった内容。
奇想天外なラブコメでありました。賀川作品の軽妙なコメディ。
でも聞くところによると、日本のお笑いをやっていた経験がそのドイツ人にあるので大変面白く訳していただけた模様でした。
知り合いになったきっかけも、オイラも出演している賀川監督作品を外国で観てコンタクトして来たと聞いてまたビックリ。
納品に時間がかかりギリになったのは、完成品を知り合いのイギリス人に監修頂き、駄目を貰った箇所をやり直していたみたい。何か凄くない?
何処のどいつか知らないドイツ人の方。
本当にありがとうございました。
年末に向かう前に嬉しいニュースありがとうございました、賀川さん。
また、お二方とコラボれるようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとのことをおもう

映画監督の賀川さんと呑んだ。
ビールを注文し乾杯する前に賀川さんから
「NYの二時の会、No.1の評価でした」と聞く。
もうルネッサーンス!乾杯でありました。わかりやすいラブコメではありますが賀川さん曰く、翻訳の笑いがわかるドイツ人の方がなかなかだったと聞く。
面識はありませんが、ありがとうドイツ人!
その後は不思議に繋がったお互いの知人について語りあかしました。
そこで引っかかる人が一人。
その方につきましては三時間ぐらい語りました。
それぞれお互いその世界で高め会えたら最高です。
また、長編撮りたいですね。
夢のある呑み会でした。
出来ればまた今年中に。
あぁ〜楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

不思議なこと

今日地震があった。
別にあれ以来不思議な事じゃない。
でも今日のは何か特別だった。
何か伝わったと言うか、答えてると言うか…
上手く言えないから、不思議な事でひとくくりにしてみた。
面と向かって伝える手段がない時にはああやって伝えるんだとも思えた。いっしょに「YES!」って唄ってた。
だから何か冷静にいれた。
そうなんだと納得すら出来た。
不思議な事が素敵な事に感じた時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

ムカ友

昔の友は今の友。
そんな事は無くて、そんな事もある。
小学生の同級生の異性。
どんな感じでどんなモンだいって感じ(笑)
実に面白い。
今年一回でも会えて面白かった。
クソ生意気な女ではあるのだが…
実に面白かった(笑)
また会いましょう、また会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

上映会

今年一月、渋谷◦UPLINKで映像集団「チームカラハリ」主催の短編映画祭が上映されました。
「アイドル7×7監督」
オイラは『全く捨てられない女』(太田千晶主演、賀川貴之監督作品)に出演しましたが、この度違う映画祭に出展するとの事。
七つの作品のセットではなく、単独で上映出展との事。
題名も少し変わりました。
『The girl who can't Dispose』
日時 11月17日(日)2pm or 7pm
場所はニューヨーク。NYです。
ニューヨークにお住まいの方または、近くの州にお住まいの方。
ご都合がつく方は是非に!

大変わかりやすいラブコメディ。
海外でどんな風に観てもらえるか楽しみです。
また監督と笑いながら酒を呑み、新しい作品を造る糧にしたいです。
場所は定かでは無いのであしからず(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

カレイ

それは魚の名前ではない。
勿論ライスやうどんでもない。
加齢である。
ここ10日間左首、肩がワシヅカミされて上に引っ張られるような違和感がある。
加えて左腕から手の甲にかけてピリピリする。
別に激しい運動をした訳でもない。
二、三日あればケロっと完治してたのに…
四十肩の四十線と五十肩の五十線があると聞く。
丁度真ん中あたりだから両方来てしまったのか?
身体不調と上手に付き合わなけれはならない年齢。
加齢かぁ〜
あぁーじじくせぇー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

ヒトのトキを想う

どっかの会社のキャッチフレーズにあったなぁ〜。
オイラはその人を知らない。
でもその人の事を知ってる人を知ってる。
だから考える。こうした方がいいのかな?あーした方がいいのかな?と。
クルクル考える。
結局…余計なお世話だ。
オイラが知ってるその人はタイモノ(きたない方言、意味はナイショ)だ。
パワフルな奴だ。イラっとする奴だ。繊細な奴だ。でもピンチに強い奴だ。
だから素敵な奴だ。
短い時間でやる事が向かってくる。
タイムマネジメントの隙間に入ったのは、オイラの知らない人から、オイラが知ってる人への贈り物なのか?もしれない。
偶然の時間のイタズラ。
やれって事なんだわ。オイラの知ってるその人に。
勝手に人の時を想ってみました。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

藤井マルセル田中ケンジ

新宿三丁目のBAR「ゼロ」に行った。
色々(映画撮影等々)とお世話になってる店。
19時オープンは今日初めて知った(笑)だから三丁目をブラブラした。
一番乗りで店内へ。マスター(マコトさん)には現在進行形でお願いしてる事もあり、色々とお話してました。するとそこに一人の青年が来店。実にみずみずしい青年でありました。
マスターが彼を「マルセル」と呼ぶので気になって話かけた。
彼は二歳までブラジルに居た日系四世?ぐらい。
二十歳で日本国籍を取得するまで、父方と母方の名前を持っていたとの事。
その名は「藤井マルセル田中ケンジ」
限られた時間で話はスーバーボールのように弾みました。
オイラにはのっぴきならねぇ用事があった為20時20分に店を出ましたが、もし無かったら長い名前の四世と飲み明かしていた事でしょう。今は「藤井マルセル」オンリーのようです。
マルセル!またな!
久しぶりに清々しい青年に会えたおじさんの一コマでしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

木の実

タレントさんの苗字ではない。
秋なんで自然に落ちる。なかには食べれるモノもある。
が!しかしである。
荻窪のバスターミナルあたりの街路樹の木の実はどうだろ?
いや、ダメっしょ!
なのに一本、一本根っこのところを散策して口に運ぶ女の子がいた。
やめなさいよ。何秒ルールだよ。
女の子つっても20〜30歳なのに。
家に帰ったらうがいぐらいしろよ!もぉ〜…
ても、何食ってたんだろ?美味いのかなぁ〜…
いやいやいやいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

フジケン2

ミッションを遂行する為の一人旅。
NOプラン。行き当たりばったりであります。
昨日の朝方まで呑んだ後フジケン(BARスカッシュのマスター)が一言。
「今日帰らはるんですか?」
NOプラン。
もう一泊するであろうかと伝えたが、定かではなかった。
フジケンは結婚したらしく奥様を紹介したかったらしい。
めでたいではありませんか。
夜ミッションを遂行する直前メールが入る。
「何時頃いらはります?」
何時に終るかは全く分からない状況でしたが、奥様は働いておりなるべく早く神戸の店に来て欲しいみたいだった。なんて愛妻家なんだ…いや、待て待て。
奥様お会いする予定は後付されたプランではないかい!
思わぬ事で気をもむ事になりましたとさ。
ミッション終了が21時ジャスト。タクシーで大阪駅へ。快速に飛び乗り21時40分に神戸駅。
ロスタイムゼロで到着しました。
前日奥様はオイラと同い年と聞いていて、いろんなパターンの奥様を想像しておりましたが…
べらぼうにべっぴんさんでした。
嬉しさとなんだか分からない安堵で、また少し飲み過ぎてしまいましたとさ。
フジケン。二日間お世話になりました。ありがとう。
会えて嬉しかったです。
末長くお幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

フジケン

藤原健一さん。
神戸駅にほど近いところでBARを営んでおります。
アッシはそこで呑んでおります。
彼は日の丸エンジン旗上げ公演「ヘブンズホテル」に参加いただいた役者さんでありました。
そして第六回公演「ギャラクシー家族山田」にタブル主役の一人として参加して頂いた役者さんでした。
非常に実直であった姿は、オーナーバーテンダーになっても変わらない事を感じながら二杯目のバーボンをコロがしております。
何か心地いい。
この男の人柄なんだと思います。
はたして後何杯呑めばハテるのか?いや、酔いどれで行きますわ。
会いたい人間に会えた喜びに浸りながら。
明日も好きな事すぞぉーだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

本格中華

ご馳走様でした。
四川だか広東だかよくわかりませんが。
新青島ビールはLightなバドワイザーみたいな味でした。
熱燗の紹興酒はこれからの時期呑みたくなる酒ですね。
円卓の上に乗り切れない皿。
まさに中華料理。
脇の通路をビールケースを足で蹴りながら滑らす従業員。
まさに中華料理店。
北京ダックにたどり着いた頃には流石に満腹でしたが、締めのスープは美味しくいただきました。
しかし相手は…おごった事をかさにきて畳み掛けて来る奴ら(苦笑)
仕方ねぇや。手伝いに行ってやるか。
何年も言われるのもシャクだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »