« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

あれ?

夜、東京タワーを見た。
増上寺の屋根からツノのように聳え立つライトアップされたソレは大変美しいモノであります。
翌日、天気もよかったのでまたその姿を拝もうと顔を上げると?
あれ?あれれれ?
先っぽが曲がってる!
真っ直ぐが当たり前だと思ってたのに。
何がおきてもあまりビックリしなくなってましたが、少し残念な気持ちになりやした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

巨人のほし ん?

只今、日本シリーズの真っ只中。
いちばんプロ野球が盛り上がる時期であります。
女子バレーがオリンピックをとり逃しても、一生懸命闘っている姿は素敵に思いました。
なのに馬鹿巨人軍は単品が己の事しか主張しないありさま。
時期をわきまえろ!
同じ野球の頂点を闘ってきた仲間が頑張ってんだぞ。
誰もがダメだ。
長嶋さん出しても時代が違うし可哀想だ。
日本の社会は政治じゃなく企業が創っているとすれば救い様がないんだな。
空気も読めないバカ奴ら。
己の保身だけ考えて、他の人から嫌われてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

我が巨人軍は・・・

オイラは東北出だ。
テレビでは巨人対ほにゃららの試合しか子供の頃は見た事がない。
日本を代表する選手も沢山いたから魅力的だった。
それが今はなんだぁ〜?
部下が噛みつき、親方がしらをきる。
そしてお互いの事後報告のオンパレード。
現場じゃないとこであんたらがそれだから勝てないんだわさ。
思いっきりスポーツ出来ませんよ、読売さんよぉ。
野球をやる球団で、ジャイアンでいてくださいな。
読売新聞は一度も読んだ事ないけど、野球に関わらない所で頑張ってくださいな。
スポーツ出来ない奴らの涙やパイプ姿は見たくないので。
馬鹿野郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

ライバル、友、共演者

仲のいい友達がいる。
はてな?
競い合う仲間がいる。
なるほど。
同じ目的を探索する人間が集う。
最高かも!?
そんな事を考えながら過ごしたい。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

ハシゴ

土曜日の14時ごろは荻窪駅線路沿を歩いてた。
目的は日の丸エンジンに何度も参加頂いた声優、肥後さんの朗読劇を観劇するため。
2作品が一時間づつ。
声で仕事をなさってる方々、心地よい音がほとんどで流石と感じる事が多々ありました。
肥後さんの朗読劇を立て続けにお邪魔して、好きな声優さんも出来たので楽しくすごせました。
余韻に浸る間もなく今度は高田馬場駅に移動。
この日のメインイベント日の丸エンジン座長高木順巨さんが出演する芝居を観劇にいきました。
芝居全体はさておき、役者高木は三役をこなし気持ちの入った芝居をしていた事が誇らしく思いました。
もちろんお疲れ様の盃を交わしいろんな話が出来ました。
しばらく観劇は遠慮したくなるぐらい頭のなかがお腹いっぱいになった土曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

変わった事、変わらない事

銀座の小劇場に芝居を観に行った。
日の丸エンジンにご参加頂いた藤谷チカラくんが出演する芝居を観に。
開演10分前ぐらいに客席に腰を降ろすと程なく一人の私服の役者が舞台に現れ何かしている。
目的はお客様への開演前の注意事項の説明。
前説でありましたが、起用にこなしたのがそいつでした。
スタイルが女性より細いのは昔のまま。
オーバーリアクションも昔のまま。
鼻で思い出し笑いしながら楽しめました。
その後新橋のガード下に移動して一杯。
キチンと自分事(チカラ君事)を説明するのは昔は苦手だった彼。
原因は俺が怖かったからと笑って話せるのは変わった事かな?
今日も明日も頑張って。お疲れさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

シーズン

先月末から今月にかけてやたら知人の芝居が多い。
震災後いくつかの劇場から割引での貸出のお知らせがあり、今芝居をしているグループはそういった恩恵もあり公演までこぎ着けたのだろうと予想している。
だから今日からも立て続けに芝居を観る事になる。
自分のモチベーションが上がる事になればと思う。
ただそういうモノばかり観れる訳でもないのも知っているつもりである。
今日がそれなのがわかっているので何だか気が重い(憶い)。
とにかく役者には頑張ってほしいものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »