« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

呑み納め?

日の丸エンジン、ギャラクシィ家族ヤマダに出演俳優(何年前よ)声優肥後誠氏と急に呑む事になったのだが。我々の心の港、希望の星(ドリンク180円、食い物370円均一の居酒屋さん)は満席。とりあえず店長さんにご挨拶して別の飲み屋に行く。すると・・・んんん〜ん。(違和感)違うんだな、これが。好き嫌いは誰にでもあるっしょ。どうしても希望で呑みたい!気持ちは希望の星>他の居酒屋。オイラと肥後さんは再度希望に乗り込む。そしてそれは・・・至福の時であった。安いだけじゃないやすらぎが我々にとってこの店にはある。それは毎回思う。楽しく、嬉しい事を語り合い幸福な時間を過ごしまた。来年もこんな時間を過ごせたらと思う空間でした。ありがとうございました。ちなみに希望の星はマスター一人で急かせかと仕事をしている店です。10時ぐらいまで無口なミャンマー人の女の子が手伝ってるみたい。急に黙って帰っちゃうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

いいもんだぁなぁ〜

昨日八月に芝居をした際の演出をした深谷明大くんが音頭をとり、新宿で呑み会があった。忘年会と言わず「何人かで飲みませんか?」と誘うあたりが彼らしい。そしてオイラはそのての誘いの断り方を知らない。多少遅れてPM10時に現場に着いたがまだ4、5人しか来ていないのでホッとした。5分おきぐらいにぽつり、ポツリと人が集まってきた。今年共演した仲間に会え、お礼や年末の挨拶が出来たのも深谷くんの演出だったのかもしれない。最後に深谷くんと握手をして別れた。「横さん、痛いっすよ」と彼が言うくらいオイラは強く握ったようだ。次に向けての約束をオイラは彼にしたかったのか?そんな事を考えながら終電が無くなった帰路を一時間以上かけて歩った。仲間と一つのモノを創りたくなった。おぼろげに漠然と思った年末の夜中でした。うぅ〜寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

撮影終了

昨日は23:40に木更津にいった。オイラのシーンは撮影の一番最後にまわされAM5時6時の予定でひたすら待ちであった。最近台詞が入りずらくなっているのを痛感しているオイラは、たった4〜5行をひたすら反復していた。しかし流石に最終日。制作サイドも熱が入り時間は押し押し。最終的に都内には午後1時到着でした。今回共演、現場スタッフに知り合いは一人もいないなか、帰りの車では和気あいあい。一つのモノを一緒に創った一体感は気持ちのいいものです。かなり厳しいスケジュールでもやはり自分が欲している事であることも確認できました。作品が出来ましたらまたご紹介しますね。一睡もしてないのに気持ちいいー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

極悪人

ここ数日バタバタしている。今年初めて参加した同窓会で会った友人から連絡が来てからそれはスタートした。彼は映画関係者であった。年末年始にかけて四本の映画に携わっているとの事。その一本のタイトルが「極悪人」である。オーディションなしの役付きで依頼を受けた。ただプロフィールが必要との事なので、依頼を受けた当日に高木順巨さんに作成してもらった。次の日にスケジュール、台本を頂きに先方の会社に伺いプロフィールを渡すと「かなり若い時の写真だね」と同級生に駄目出しをもらった。(しかたないじゃん七年前の宣材写真しかないんだもん)
その次の日(今日)が衣装合わせと本読み。かなり前に台本を貰っていた役者さんもいてかなりの刺激を感じた。でもそれは非常に気持ちいい緊張感と焦りでもある。
いろんな人に気遣っていただいた。さってばさでその人達にお返しは出来ない。同じステージに携わるカンパニー(今回の映画出演者、スタッフ)の方々にも出来ない、すみませんなんて言える訳ない。いろんな意味でやらねばならぬ。それはオイラにとっても嬉しく、やりたい事だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

楽天の内野手がトレードされた。新しい監督になり大リーグから二人も日本人選手を獲得したからなのか?最近は松井(エンゼルス)が理不尽な扱いされていてもあまり何も感じなくなってた。そんなもんかぁ〜。しょうがねぇやなみないな。
翌日、鉄平外野手や嶋捕手が自分の記者会見でトレードになった選手を思い涙していた。他人事なのに自分の事のように相手を思い涙してた。
素敵だなぁ。
楽天はその反応をみて、トレードした選手のホントの魅力を他の選手から知ったのかも。
来年その内野手は応援したい。頑張れ渡辺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »