« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

北千住の細い道

知人と初めて会う方とオイラ。

3人で北千住で呑んだ。駅からちょっと行くと細い道があり、その道が終わるまで両側にはコジンマリとした店(飲み屋)が連なっている。

「石井」(店の名前)でレバサシ、ビールで乾杯。話もはずみ、オイラが三杯目を注文しようとした時に店の壁の張り紙が目に入ってきた。

「当店では水は出しません。二時間でお帰りください」とあった。オイオイなんだね、お客さんが不愉快になるんじゃないの?なんて思っていたら、初めて飲む仲間が説明してくれた。

以前、レバ焼き一本と水で居座るお客がいたとの事。しかも小説なんか読みながら・・・そりゃぁ~そんなことも提示したくなりますよ(納得)

北千住のこの飲み屋横丁は同じくらいのスペース(狭い)の店が軒を並べている。立ち飲みやの数も多い。のん兵衛のオイラにはいい所だなと思えた呑み会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

くノ一妖艶伝楓

1月24日。本日発売、レンタル開始いたしました。

「くノ一妖艶伝 楓 クグツマラの秘密」 賀川貴之監督作品です。

シャープな映像感覚とエンタメ性を重視した新たなくノ一時代劇であります。

撮影は去年の十月。日の丸エンジン第六回公演「ギャラクシー家族山田」稽古の真っ只中(って言うより追い込み期間)だった事もあり、自分としては大変思い入れがある作品であります。

原作のコミックを元に作られていまして、成人男性向きのVシネマでありますが機会、興味のある方は御覧になってください。

あ!御覧になる時は男性は一人で、女性は隠れるようにして同じく一人で観てください。

くノ一妖艶伝 楓

監督 賀川貴之

脚本 中川勝之 賀川貴之

 

キャスト 紅月ルナ 坂上友香 若林立夫 高岡政人

プロデューサー かわさきひろゆき 大高正夫

原作 白虎丸 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

また

半年以上ぶりにそこにいった。

半年以上前は当たり前のように、番頭さんがいた。

もう6、7年前にオイラはその番頭さんと大喧嘩した。オイラの未熟さと負けん気VS人見知りの激しい、仕事オンリーのプライド。ぶつかるのは当たり前って言っちゃえば当たり前だった。この野郎って話ですよ、実際。

でも凄く仲良しになれた。喧嘩した事を相手が忘れたのか?同じ境遇だからか?理由は定かではないが、すごくいい関係になれていた。この人はそこに行けば、必ず居るんだろうと思っていた。

でも今日は居なかった。昨年の11月の末に田舎の病院に行ってしまったみたい。今はスキンヘット(前からハゲだけど)で車椅子らしい。その会社の専務に「携帯電話はつながるから」と言われたけど、電話するとオイラの負けみたいに思えた。

会いにいきたいと思った。

「何やってんすか!?」といつも叱られてたオイラが今度は言ってやる、絶好のチャンスだから。40年間そこに居た番頭さんに。

また会いましょう。会えたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

テレビで映画でも

年明け一週間、皆様お疲れも溜まっていることでしょう。そんな時は自宅で去年の映画でも御覧になるのはいかがですか?

「バブルへGO!タイムマシンはドラム式」

葬儀のシーンでお寺の門から本堂までの一本道で、案内係をしているオイラをみつけてくださいな。

天気の悪い土曜日。そんな過ごし方はいかがでしょうか?

まわりくどいPRでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

平常か?

通常生活?

これが何時もの、普通の生活なんだな。今は忙しくてそして・・・つまんない。

だから疲れに充実感がない。

ふがいなさにイライラもしてる。

そんな時、田舎の友人から連絡をもらった。そいつとよく行っていた飲み屋が6月に閉店するんだってさ。先月行って楽しく呑んだばっかりだったのに。

オイラも今、思った事を今出来る為に動いていこう。そんじゃなくちゃすぐに無くなっちゃう事ばっかりだから。さて・・・なにからして行こうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

おめでとうございます。

Photo 2008年

オイラの田舎ではしんしんと、てんこもりに雪が降りました。

旧友とも親交を深めました。二日間呑み歩いただけでしたが・・・

Photo_2 今年は、幸せの金色の林檎に羽根が生えて飛び回るような事がありますように。

そんな事を思った元旦でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »