« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

こないだの土曜日

18時45分、新宿のGAP前で待ち合わせる。

初めて会う3人といつもの3人。

初めて会う人は緊張したんだろうなぁ。

いつもの3人の1人が饒舌に捲くし立てる。かと思えば「いや、まだどうなるか解んないけどね」ってな具合で自分を見直したりもしている。無論、初めて会う3人はポカンとする。そんなサマが面白かった。

いつもの3人が揃ったところで、初めての3人に選択肢をもたせてその集まりを散会する。そして改めて会合に入った。セットに関する事が議題であった。捲くし立てたいつもの奴がまたアイディアを提出してきた。

抽象的なのが魅力だとオイラは思ってる。そこで相手が感じてくれるノリシロを残して、気持ちで「どーだぁー!」と表現して考えてもらえたら嬉しく思う。感じてもらえる為に、一生懸命になれる自分に会える時期を迎えたい。そのためには・・・色んなことをちゃんとクリアしていかなくちゃ。

うれしい事が後押ししてくれたりもする。初めて会ったのに、プラスのパワーを与えてくれる。眠れる酔いどれタイガーは・・・ホワイトタイガーでいられなくなる。もう少し・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

フィルムと夕凪

今日14:00の回に行ってきた。

台風の影響で今日はちゃんとした雨が降っていた。その劇場で観劇するのは初めてだったので、一番後ろの席で全体をみることにした。

友人、ちょーすけさんは普段は気さくな、ちょっとふざけた男だ。そんな奴が今回気弱な段取りの悪い男を演じていた。

枝葉がついていた方がよくみえたりもする。でも、朴訥とした飾り気のない方が観ていて気持ちいい時もある。難しい役をがんばってね、ちょーさん。

さて、オイラは・・・動けない。右手の小指は何故か腫れている。ふさくさしている。

動いていないと死んでしまう虫のような自分。

無駄な動きでもしたくなる今日この頃でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

動く事

11日午後一番に大江戸線で赤羽橋にむかった。

友人、ちょーすけさんの舞台ずくりに参加しよ~などと考えて。コンビニで飲み物などを調達して劇場(麻布die pratze)に行ってみた。その劇場は今年取り壊しになるビルの二階に存在していた。入り口からは東京タワーもみえた。

どぉ~れ、力仕事でも手伝うか・・・あれ?

入り口のドアを開けると見慣れた女性が作業をしていた。毎度お世話になっている当日運営の女帝、三村里奈嬢(MRco.)であった。久しぶりの再会もお互いには?感がただよっている。

なんとその日の19:30が初日で、仕込み作業はすっかり終わっていた。しかも間もなくゲネ(ラスト稽古)前で招かざる客は、確実に確信犯的にオイラであったわけである。しかしホントにじゃましに行ったわけじゃないんだよ。「おじゃましました」の語源を痛感したひと時でありました。

でも転んでもただ起きないぞ!(苦笑)すかさず、三村嬢と次回公演の打ち合わせなどをしてみた。「ミクロメンズ」で運営に携わってくれた田辺さんとも会えた。

夕方から別の用事が入り、初日を観劇する事は出来ませんでしたが・・・ごめんね、ちょーすけさん。かならず伺いますから頑張ってくださいね。

嫌な事で試行錯誤もする。でも好きな事でも頭イッパイに回転して動く事が出来る。間違って動いて意味が生まれる事もあった。何がいいのか?なんて解んないけど、動けてよかったなぁ~ぐらいは思えたそんな日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

徳島から

学生時代の友人が上京してきた。

製薬会社に勤める彼とは、四年間ほとんど毎日同じように過ごしていた。急な出張で東京に来たらしい。詳しくは聞かなかったけど。

ホテルにチックインさせて、五年ぶりに呑んだ。

面白いのは懐かしいとか、会えて高潮するとかが無かった事。ほんとに普通に、当たり前のように接していられた事。

会えて嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

会って聞く

映画監督の賀川さんにメールをした。

この人は熱い人だ。それを受け止めたら熱くなれるような気がする。次回作にエールを送る。頑張ってください!

髙木客演の公演会場に向うが・・・間に合わず。

そんでいろんな人に会えた。「鬼が出る」共演者長岡さん。ふわっと感のある役者さんでスマートな芝居が上手い。久しぶりだったけど、かわらずふわっとしていた。嬉かった。

「鬼が出る」共演者向島の仕事師と、その仲間達に会う。日の丸芝居にも、この軍団で来てくれる。その軍団のなかには、かわいいチビッコ達もいる。そのかわいい女の子に彼氏が出来たら・・・たぶん仕事師は黙っていないと思う(笑)嬉かった。今度おじゃましますよ。

髙木応援団、小川さんグループと会う。場を設けていただき会話をする。この人達は髙木のおかげ(せい)で、評論家のように鋭くなっていた。でも、芝居を評価するのはこの人達だから、当たり前なんだ。

座長は色んな事を感じて、思って、解って向うだろう。オイラもしっかりしょーと!

演人、髙木順巨へ。楽日頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

打ち合わせと観劇

午後①、錦糸町で作、演出の根本ノンジ氏と待ち合わせる。

前回舞台監督をしていただいた高橋さんと会うために。

先方は舞台の製作のため、倉庫のようなタタキ場で作業をしていたところを時間の都合をつけていただいて、お会いする事ができた。

舞台のプラン、要望を伝える。相手方の状況、要望を聞く。難しいモノなんだよね、お互い畑が違うから。出来る限りの協力をオイラもする。出来る限りの協力をお願いしたい。いい公演をしたいから。

夕方、新宿にいる。現在客演中の座長、髙木順巨氏に会う。

「やや黄色い熱をおびた旅人」を観劇するために。

共通の知人が多く出演しているひいき目は別としてもいい芝居だった。いろんな要素がふんだんに盛り込まれ、それを稽古と個性豊かな役者陣で創られた作品だと感じた。

図々しく初日打ち上げにも参加する。個性豊かな役者の方々と話をする。楽しくも勉強になる事もたくさんあった。ジレンマも感じたそんな日でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

キーを差し込む

まだ徐行もしてないけど・・・

久しぶりに日の丸の運転席に座って、アクセルを踏んでみた。

自分のパーツは色んなモノで磨いてるつもりでいる。錆びないように。自分じゃないパーツを確認に行く。うん!錆びてない。そして色んなパーツと、ハンドルに会う。全然しっかりしている。

だからアクセルを踏んでみた。

もちろん、いい音がする。ボボボボ・・・ボロッロン!!ブルルルン!!

なら・・・よし!!日の丸エンジンだ。間違いない。

気持ちいい・・・だけじゃねぇぞ!!

クラシックなエンジンでも、古いなんていわせねぇ。

だからドキドキするし、ギラギラもする。ハンドルが太くなってるから。

重くなったハンドルを理解してさばける役者陣でテストコースに出たくなった。

そんな気持ちになれました。

保身を押し付ける事なんかありえねぇ。

だからギリギリでコーナーを攻められる事を普通に感じられる集合体で、フルスロットルでコーナーに突っ込んでいきたいなぁ~。

そのために・・・準備と確認(まだたりねぇぞ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »