« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

くさくさちまちちま・・・

一昨日は舞台に必要なモロモロの物を手分けして買出しにいきました。

ありがとうございました。

その後、余りにも暖かいので咲き誇る桜を観にいきました。綺麗にしっかり咲いてました。

ありがとうございます。

その後、モツ鍋を今回の参加メンバーとつつきにいきました。サボってる外国人店員・・・

美味しゅうございました。

舞台備品、部材をご提供いただきました。座長と二人で調達できました。

ありがとさんです。

感謝とか嬉しい事とかって、なんかいいっすね。貰いっ放しじゃ申し訳なくなるってくる。何かで返したくなってくる。本番前でなにを返そうか・・・

眉間にシワをよせる時期はすぎた。足元も見ない。後は完成度を上げるためだけ考えていくぞ!!今回の本(台本)と仲間と一緒に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

昨晩

結構ピリッとしてるんですよ、稽古が。

それは何かとたずねれば・・・作演の早入りがそれだろうか。なんか本気モードだ。ダラダラっとした感じがない。ホントにないのだ、これが。

ボヤボヤしてられない。自分のイマジネーションは相手役者に伝わっているのか?作品のなかで生きているのか?次のストーリーに心地よく流れているのか?色々頭使ってると、長く付き合っている首痛が疼く疼く。

そんななか、今回日の丸初参加の方々がフレンドリーである。昨晩はそんな方々と何度かご参加いただいている方と宴を共にした。共にして感じた事は、色んな意味で

「よかった」であります。

本気で、楽しむ。なかなかみんなが同時に感じられる事はないけど。

明日からもう芝居だけだ。オイラはやっとそこにいける。他の事なんかやってられねえ!ギアを上げる為にクラッチを踏むことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

よおーし!

その一瞬のコラボかもしれない。日々過ごしていても。でもやりたい事とやらなくちゃいけない事を抱えていくんだ。いかなくちゃ!!

ふらりと帰んなくてよかったなあ。

いっしょに一つの事を創る仲間達だから仲良くしたいですよ。でも・・・考える事もある訳ですよ。いろいろと。

ありがとう。がんばろうな。やりますか。やんのかこの野郎・・・いろんな気持ちが交差するんですよ。でも大丈夫だよ、日の丸だから(笑)

そろそろ台本最後の方の起ち稽古。全部がおぼろげ気に見えてくる。

そろそろ同じタイミングでセカンドギアを入れていきましょう。よろしくのおー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

そして台本完成

日の丸エンジン第五回公演「ガンサク王」の台本がついに完成した。

ついに、ついにですよ。と言うことはですよ。もう土俵にあがらなくちゃいけないですよ。土俵下の桟敷から上にあがるわけですよ。腕くんで据わってる場合ではないのであります。

しかし時間いっぱいと言う訳でもありません。蹲踞して決められた作法を何度か繰り返し、取り組みにそなえる時間帯なのであります。

頭のなかでどんな相撲をとろうかと考えながら・・・

いずれかかる「まったなし!」の声にそなえて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

台本を忘れる・・・

稽古場に台本を忘れる。

お前は何様だと思った。そして焦った(汗)。まだ稽古をはじめて間もないこの時期に、台本は稽古場に居られる証のようなものである。それも気がついたのが、稽古場に入ってからだから取り返しがつかない。

言い訳① 日中肌身離さず持ち歩いていました。

言い訳② 台本を入れるカバンを変えました。

言い訳3 でもこれが初めてです。

言い訳④ もうありません。

言い訳⑤ もうしません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

やる事いっぱい

順番が解らなくなる時がある。

頭のなかに絵ズラが浮かんで来ても、カタチにするには色んな方法があるから「どれから手をつけていこうか?」と考える。勝手に焦って先走りしたくなる。バタバタしたがる。オイラの悪い癖である。サッカーの試合だったらオフサイドである。

今出来る事は目の前にある事をクリアしていく事。地味な事だから余計避けていきたいんだけど・・・なんてな!

動きながら停まったり、振り返ったりして公演までいきたいなあ。

そのうち前しか見えなくなるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

懇談会後営業

稽古場所がまだ固定してない。

施設を転々とする今の時期は、死のロ-ドにでた阪神タイガースのようなもんだ。そんななか第1回日の丸懇談会が開始された。

和気藹々だった。

その後渋谷に、友人のライブを覗きにいった。久しぶりにブルースに浸った。

フライヤーも配った。

今週、稽古場所も固定する。ホームグランドでの練習がはじまる。いや練習ではない。実戦さながらのオープン戦かもしれない。ジャイロボールみたいな魔球もないオイラは、小手先の変化球じゃなく思いっきりボールを投げよう

共演者の皆様。ボールが当たったらごめんね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

うなぎや

昨日16時に連絡が入る。ある劇団に居た時の仲間からである。その仲間達とうなぎやに行くとの事。場所は中野ブロードウエイの近くである。

うなぎやにはそのある劇団の座長だった男がうなぎを焼いている。その店はおべっかぬきで本当に繁盛している。オイラはうなぎがべらぼうに好きでもないが、ごぼう巻きとか肝とか串焼きで出てくるそれらは酒のつまみには最高の品ばかりだ。骨を塩であげたスナックも美味である。

話は弾む。時間がすぎる。でもいい酒(話)だったよ。意味も理由もいらない楽しいじかんだった・・・が!しかし!!連絡が急だよ(苦笑)

待ち合わせの連絡はお早めにね、小島さん!

今日は寝不足の虎丸であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

チラシ配り

日の丸エンジン第五回公演「ガンサク王」のフライヤーが出来上がった。

芝居の稽古が進むにつれて、宣伝活動は必然とおろそかになってくる。今だ!チラシを配り歩くのは今だ!!今日はそんなこんなで配りに歩いた。

制作さんがいるわけでもなく、人任せに出来ないこの活動(チラシを配る事)はなかなか大変だ。でも日の丸芝居を好きな人を選んで会える事は、贅沢な事なのかもしれない。だから都合が合えば観に来てもらいたいと切に思う。

しかし配り歩くのには限度がある。これからいろんな方々にお便りも書こう。

そしていい芝居を観ていただけるように「がんばろう!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

コンニチ

今日は毎年やってくる。オイラにとってたぶん忘れられない日だろう。

なんだこりゃ。なんでだよ。ありえねえ。ふざけんなよ・・・否定言葉のオンパレード。

でも今日を迎えた時、まんまのモノ(者、物、心)がある。そのモノがオイラの背中を押してくれる。オイラで居れる事は、それが変わらなかったからだと今思う。ア・リ・ガ・ト・ウ。

だったら今、オイラが存在している事をキチンと示そう・・・ん?・・・でもなあ?

急にゲロっと変わっても気持ち悪いし、代われる訳もない。

自分らしく自分のままでいよう。

さあー!!ガンサク王だあー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

お知らせと・・・

三月三日 劇場版「龍が如く」 

お時間のある方、興味のある方は御覧下さい。

明日は第五回公演稽古初日です。ふつふつとしております。どんなことになるのか!どんなふうになるのか?どんな・・・ん、んんん?

何も解ってない。台本はどーなってんだろ?いったいどうなってんだろ?

ああー!!どうだっていいや!!

明日、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

ご無沙汰しております

「ご無沙汰しております」

この言葉を連呼する日々を送る。

ご無沙汰しております① 

動物病院の先生 昔の飲み友 きつい事をバンバン言ってきた。昔も今も変わらない。短気なオイラだがありがたくも感じた。

ご無沙汰しております②

小さなBarのマスター 知らない人は飲ませない店。もちろん人は来ない。その日も掃除に来ただけだったようだ。その日もマスターはオイラとサシで呑んだ。

ご無沙汰しております③

とんかつや 座敷に二つ、ボックスに二つ、カウンターに2人、合計5組しか入れない。真冬の東北の野外に行列が出来る小さなお店。コブシサイズのカキフライも美味しかった。

ご無沙汰しております。ご無沙汰です。ご無沙汰・・・

そして初めまして

場所を借りた。契約書、保証人、前払い金などなどがあるのが当たり前の世の中。「空いてるからいいよ」だって。びっくりして嬉しかった。「こんないい人を騙す奴が現れないように」とも思った。びっくりして嬉しい事・・・オイラもしてみたいな。

「ご無沙汰しております」と「はじめまして」が融合する時間を迎える準備をしよう。

いよいよだ。日の丸の稽古がいよいよだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »