« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

いよいよ。

明日がいよいよ我が日の丸エンジン第四回公演「奥さまはくのいち」稽古初日である。

初見はいつも格別な思いである。

なんせみんなスタートラインはいっしょである。台本も初めて、フライヤーを見るのもはじめて、初めてずくしなのである。

なんともいえぬこの心持。微妙なんだなあこれが。

だが「走り出したら止まらないぜ、土曜の夜の・・・」なんて古い歌など口ずさみながら、旅を終えようとする虎丸であった。

旅の採点は50点。芝居の稽古は100点で、公演は120点にしたいなあ。

いや、やるんだ!いくぜ、日の丸エンジ-ーーン!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

人の縁

虎丸は今、地方で宣伝活動に追われています。

観に来て頂いた方への挨拶、そうでない方へのお知らせなどなど・・・

そんななか昔の上司の会社を訪ねた。そこには「プリン」と言う犬がいた。名前も顔も可愛いがうるさい奴なんだコイツが(苦笑)ずっとオイラの右腕にしがみついてた。

今回の芝居(奥様はくのいち)の説明をしているところに、お客さんがきた。

悪いのでお暇しようとすると、昔の上司が日の丸エンジンを紹介しはじめて話が弾んだ。

お客さんは広告代理店の方で、毎日いろいろ企画を練っているらしいが、小劇場の芝居は見た事がないのですごく興味をもってくれて嬉しかった。

地方で日の丸芝居・・・やりたいなあ。

キャスト、稽古場所、集客、宣伝の仕方、宿泊場所などなど問題は山ほどあるが、無い話ではない話である。

岡崎氏との入間を思い出し、高木氏との福岡を思い出ししていた。

おっと!そ・の・ま・え・に・・・第四回公演ですよね。失礼しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

体育館

田舎の体育館に行った。目的は姪っ子の柔道の試合観戦。

小学生の大会なので、柔道着を着たちっこいのがチョロチョロしていた。

ちっこいのと同じ数の大人もひしめいて、会場は異様な熱気に包まれていた。

オイラは観客席でゆっくり・・・あれ?客席ない。異様な熱気のおっきいの(保護者、親など)といっしょにいないと、試合は拝めないのである。全身黒ずくめのその場に不似合いなスタイルで、異様な熱気のなかに身を委ねることにした。

試合がすすむにつれて、異様な熱気のおっきいののボルテージが上がってくる。負けて帰ってきた女の子は、オイラの目の前でお母さんに三回グーで殴られ泣いていた。

しまった・・・とんでもない所にきてしまった。トラの穴に紛れ込んだ猫の気分であった。

泳ぐような目線で姪っ子を探した。すると静かな佇まいの彼女と亀の甲羅のようなオイラの姉貴の姿がそこにあった。試合も男女、学年が入り乱れてのトーナメントらしく、何時どこで試合するのかもわからない。だから関係ない試合も結構真剣にみてしまった。

そしたら不思議な事に、オイラのボルテージも上がってきて「よっしゃー!!」なんて奇声も普通に上げていた。

オイラの姪っ子は勝った。よくやった。おめでとおー!

そして思った。スポーツは見てる人間がまるで、自分がやってる気にさせる魔力があるのだとつくずく感じた一日だった。

ところで・・・三回グーでシバかれた子は大丈夫かなあ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

がんばれ

友人が仕事の人間関係で悩んでた。

オイラはその人達を知っている。その人たちの間柄も立場も知っている。自分じゃない相手を考え答えを求めてる友人はかなり悩んでいた。

適当な事はいえないよなあ。その場しのぎの優しい言葉も必要ないよなあ。

この友人には大リーグア・リーグ東地区9年連続で制したヤンキース、トーリ監督の指針の話をしてやろうと思った。「相手(強豪レッドソックス)をみながら戦うな」「出来る以上のことをやろうとするな」だって。だからがんばれ。

そしてやんなくちゃいけない事にはお互いがんばりまっしょい!

役者の後輩(選考会2日目に臨む)にもトーリ監督の言葉、送っとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

屋形船?

嵐のような姉貴の上京をブログに載せたら、バス会社の広告がオイラのブログに載った。

まあまあバスなら解りますよ、バスは。

しかし・・・屋形船はいかがなもんだろう??

オイラのブログを見て乗りたいと思うヤカラはいるのだろうか?

うんんん・・・でもイキだよね(苦笑)いいんじゃないでしょか、屋形船!!

浅草で買った1000円の着物でも着て、乗ってみますか。

マグロ漁船でないことを祈りつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メール連絡

役者の先輩が自分のブログで、芝居のお誘いの事にふれた内容を書いていた。オイラも気にすることである。DMを書く事はアナログな事だけど、結構大切な事なんだよね。

一斉メールは・・・んんん?と思う。なんか簡単じゃない?ってね。

考えが伝わってる仲間とか、仕事での確認事にとか使う用途は限られてくるのがメールだと思うんだよなあ、うん。

相手に気持ち伝わんないかもね。メールだと。

顔見えないから勝手に自分の言い分だけ書き込めるからなあ(苦笑)だから悪用する奴もでてくるんだよね。ああああー腹が立つ。

簡単に言いっぱなし、伝えただけで満足しない事。

オイラも気を付けよう。キチンとするために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

チャンスを

昨日の昼間、後輩の男優とあった。オイラの紹介した芝居の選考会についてだ。

聞くところによると、締め切り後に応募したらしい(苦笑)「駄目だろそりゃ」と思いつつも、相手側に連絡してツナギをとってやる。

ん?・・・オイラらしくない。「自分のケツは自分でふかんかい」的なオイラはそいつの為に何かしてあげたいと思ってる。しかも野郎同士なのにもかかわらず、ベトナム料理屋に入ってしまった。マーボハルサメ、カクニドンをツマミにビールをやった。結構やった。

昼のビ―ルは呑みすぎると効くのね。

夕方雨が降ってきた。場所は新宿。日の丸組で会合をもつ。

話題は主に女優さんのスケジュール。本来は日の丸を優先に考える3人は違う形の行動をとる。相手を自分達なりに考え・・・押してやる。座長が昔よく行った日本料理屋で焼き秋刀魚と雑魚サラダなどをツマミにビールをやった。しこたまやった。

夜のビールは呑み過ぎると次の日に来るのね。

二人は日の丸芝居を一生懸命に取り組んでくれる。いつも嬉しく思ってる。だけど日の丸がネックになり、チャンスかもしれないものを逃がして欲しくないとも思ってんだ。

でもさあー!(豹変する虎丸)ちゃんと返してもらうよ、お互いが携わる日の丸芝居ではさ!ボランテイアじゃねえーんだからさ!そこんとこよろしくう(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

桜交通?

姉貴が上京して来た。しかも日帰りで。しかも長距離バスで(苦笑)

その事で御迷惑をお掛けした方がおりましたら・・・大目に見てやってください。奴には悪気はないのです。そして人の優しさ、心ずかいを嬉しく語る奴なのです。最終目的の講演を聴いた彼女と会ったのは、21時近くの目白駅。ちょいと移動して新宿へ。

長距離バスは新宿西口から23時55分に出るらしい。

出発場所を確認して居酒屋へ。姉貴はそうとう腹ぺこだったらしくレーメンとナシゴレンを食らう。そしていろいろしゃべった。いろいろ語った。

時間はすー  と過ぎた。姉貴をバス出発場所まで送る・・・が、しかし。

事件はその時起こった。

新宿センタービルの周りは長距離バスのスクランブル交差点とかしていた。

遠隔地行きのバスのオンパレード、どこにナニ行きが停まってるかわからない。契約会社がしっかりしてきる交通会社は、ガイドスタッフが丁寧にエスコートしてくれていた。しかし姉貴のバス会社は・・・ガイドもいないし、姿形も当たらない(焦り)

その時オイラは姉貴のチケット購入は、キャンセル待ちだったと初めて聞いた。しかもそのバス会社はおもむろに現れて、おもむろに去っていくと他社のガイドさんが教えてくれた(オイオイオイオイ・・・)

「駄目だこりゃ」   オイラが諦めたその時、光子(姉貴)は走った!

おお!そこには目的地行きのバスの姿。

別れが辛くてじゃない涙顔(安堵)になり、姉貴と別れた。

そしてギリギリ終電で帰宅の途についたオイラ・・・嵐のような一日だった(読み人知らず)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

嬉しい事

役者の先輩から連絡が入った。

心優しい役者さんが具合がいいとの事。やったぜ!!

役者の先輩は、オイラに心優しい役者さんに会う時は「楽しくな」って言った。

解っている。解っているが難しい。でも具合がいいならそれに越したことはない。

まだじゃない。もっと楽しい話が出来る。出来るんだ!!

役者の先輩はイカす男だ。うれしいお知らせを有難うございました。

よおおおーーーしゃ!!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

出来ればしてやりたい事

昨日お見舞いに病院にいきました。

患者さんは心優しい役者さんです。今月初旬に入院したのに管だらけ。

長時間の面会は相手に負担をかけるので、楽しい会話を短めにその場を去りました。

見舞いに行った友人四人で中華屋さんに入り、その人の事を語りました。

もっとこうしてやりたかった、もっと、もっと・・・みんなその繰り返し。

溜まりかねた一人がみんなを励ます。楽しくその人を励まそうと。

でもその一人も他の人の気持ちがわかっている。その人もそうしてあげたいと思っているから。心優しい役者さんの為に。その人に楽しく会っていたいからだ。

自分がこうしたい事って、相手に気持ちよく生きて欲しい事。

そんな四人と泣きながら酒を呑んだ。

寂しく、辛いけど受け止めて解釈しなくちゃいけない現実・・・

もしその事が受け止められず、自分の保身に走り、相手を傷つけるモノがいるならオイラは許さない。絶対にゆるさない。だって辛い事に優先順位なんて存在しないのだから。

だからまたその先輩(心優しい役者さん)に会いに行こう。

まだ楽しい話が出来るから。まだ出来るから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

昨日・・・打ち合わせ(笑)

去年の11月短編映画に参加した仲間と会った。

熱い話だらけ。そしてさまざまな意見交換が交わされる事約5時間。

またコラボれるかもしれない。

参加したい、役者として。

信頼出来る監督、スタッフと胸を借りたい(負けないけど)共演者。

台本ももらった。しかし・・・読めるかなあ?

日の丸の台本が読みたいから読めないのかなあ?

オイラは日の丸エンジンの真田虎丸。775号と偶然会ったのも意味があるの?

なんて思わせる今日だった。

なんか吹っ切れんなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

打ち合わせ

九月二日

会う理由はどうあれ、髙木座長と会う

自然と次回公演の話になる。スタッフ、出演者の確認から始まり、しまいにはお互いか考えるストーリーなんかを言い合ってたりした。作家でもないのに(笑)

九月三日

「久々に行っときますか」と舞監と出演者と居酒屋にいった。

会う理由はどうあれ、自然と次回公演の話になる。

舞監は色んなアイデアがあるらしい。

出演者は前回とは違う立場で次回にのぞむ事になるらしい。

オイラは若い奴らを前に生意気な事を言っていたと思う。

でもみんな次の芝居がしたいのは解った。

新しい仲間も加わる。

不安も期待もある。自分も「どれだけ出来るか?」なんて考える。

そんなオイラの背中は、約束した訳でない二日間の自然な打ち合わせで確実に押されたと感じている。ありがとう。

作品に早く会いたい。たのんますよ、作演!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »