« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

構成

モノを造るのは難しいんですよ。

自分が考えた事をカタチにするまでには多くの事を処理しなくてはいけないし、

それをクリアしてからも(いや、同時進行で)もっと大切な事が出てくる。

それを簡単に、雑に処理するとカタチになってから不具合がでてくる。

でも一生懸命に取り組んでいる事は、近くにいると伝わってくる。

だからそれを補ってくれたりしてくれる。

自己満足をするのは補ってくれたモノに失礼だし、それを見せられても不愉快である。

なんかグチっぽくなっちゃいました。

話変わって竹中さえこさん。楽日頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

HI★ DEさんへ

060221_1700 えっえ~え!!

あの会場にいたんっすかあ~!

びっくりですよ、ホンとに(大笑)

撮影四日前に知人から相談されたんですよ。誰か紹介してって。

でも時間的に無理もあり「ほんならオイラが」とはせ参じた次第でありんす。

しかし・・・HI★ DEさんと奥さんの疑問は虎丸も抱えておりましたよ。

あの色合いといい、とがったシッポといい意味不明な動物ですよ、奴は。

たぶん・・・???タスマニアデビルかなんかだと思いますよ。

制作の女性に「あつらえたみたいだね」なんて言われて・・・

他の役者が、見向きもしなかったそいつに袖を通してきました。

風船は馬鹿みたいに重かったですよ。

コメント有難うございました。なんかうれしはずかし気分です。

日の丸ブログを観てくれた方と、違う場所でお会い出来て不思議な気持ちです。

四月に芝居も控えております。劇場でお会いできれば幸いです。

奥様にも灰色のロバが宜しくとお伝えください。ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

着ぐるみ

二年はんぶりだぜ。

四人の役者がとある駅に降り立つ。

顔見知りの制作会社の女の子と待ち合わせスタジオへ。

BENNIE K(コカ コーラのCMソングの二人組み)の撮影だった。

オイラは着ぐるみも時には身にまとう。

趣味ではない。以前はガリガリ君を着こんで都内をかっ歩した事もある。

しかし着ぐるみの力はあなどれない。

すぐに人気者になれる。自分じゃないキャラクターが全身を覆っている。

問題はそれをキープする体力と気力だけである。

「夏の現場でなくてよかった」とニヒルに微笑み、

今日も普段の自分とゆう着ぐるみを着て、電車に乗るtoramaruであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

向き合うもの

オイラは若い頃、自分が考える事が一番だった。

だからタンぱらであった、今でもそうかもしれない。

でも歳をとると人の(他人の)話を聞く機会が増える。幸か不幸か(苦笑い)

でも幸である。それを聞いて自分も考える事が出来る。

だから相手の事も少し考える(目を向ける)事が出来る。少しだけど。

昔はそんな事は無かった。尖がってた。それでよかった。今までは。

これから・・・これからは・・・二つの大切なモノを抱えて進みたい。

オイラには二人の最愛のライバルがいるから。

稽古に入る前に、オイラが出来る事はクリアにしておきたい。

そしてこれからはワクワクドキドキで稽古に望みたい。

おっと~今夜の虎ちゃんは酒が入りすぎたようだぜえい。

ノンジさん、順さんよろしくの~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

昨日の話から

若い(29歳)役者の男の子と話をした。

すごく真面目な人間で自分もあらわれました。

芝居を今のカタチでない方法で伝えたいとの事なので、

やって欲しいし応援出来ることがあれば協力したい。

今日は旗揚げ公演でご協力いただいた、

女優山口礼子さんが出演している芝居を観てきました。

大好きな役者さんの芝居を観る事って緊張するものですよ。

自分の周りも動いてる。オイラもl動くぞう!

なんて思わせてくれる今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

最高を感じたい

座長、作家。

最高の気持ちの持ち主だ。

気が合うとかそんなんじゃ足りない。とにかく真剣だ。

自分のやる気に着火してくれる。

だから自分もこいつらには、真剣にマックスで向き合える。

絶対にいい芝居を造りたい。

一心不乱に稽古に望みたい。

不安と期待が同居する今が、結構嫌いでもない虎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

駅前のコンビニ

午後九時その駅に降り立つ。

木枯らしにコートの襟をたて、改札を出たところでタバコに火をつける。

ハードボイルド虎丸が煙をくゆらせたその時、

若者のやけくそにも似た叫び声が聞こえてきた。

今日は節分で、その駅前のコンビニでは「まるかぶり寿司」なる商品を、若いバイト君達が店頭販売していたのである。

「バイトくん達、がんばれよ」とこころで思い、通り過ぎようとしたその時・・・

私の目に一人の男が飛び込んできた。

以前の芝居で共演(競演)した彼が、この寒さとはまったく無関係のどうでもいい

「まるかぶり寿司」を売っていたのである。

この場面を目の当たりにしたら、買わないわけにはいかんでしょう。

捨てられた子猫のような眼差しを、寒さで少し引きつった微笑みに変えて

帰宅の途についた虎丸は晩飯をとった。

昨日作った自信作のシチュウと、情で購入したまるかぶり寿司。

合うわけねえだろ、どう考えたって(怒)

コンビニの企画も考えろよ!おでんとか豚汁の方が売上上がるぞ。

まったく・・・だが販売人に言われたとうりに、南南東をむいてまるかぶり寿司をほうばり「福来れ」と願う虎丸であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »